ようこそ

女性と子どものライフケア研究所へ。

私たちは女性と子どもを中心に

家族を含めて支援することで、 

暴力の世代伝達を断ち切り、人々の健康を守ることを目的としています。


事業内容

当研究所は人のライフサイクルのあらゆるステージにおいて、女性と子どもを中心に家族を含めて支援し、健康医療福祉活動を展開することで、暴力の世代伝達を断ち切り、人々の生涯にわたる健康と福祉の向上に寄与することを目指して活動しています。

女性と子どものライフケア研究所では人々のこころをサポートするために多岐に渡る事業を行っています。


What`s News


2017.6.3.

5月20日付でお知らせしました「SANE養成プログラム」、「ドメスティックバイオレンスと性暴力 SAFER101含む」、「トラウマを抱えた子ども・思春期の青少年を支援するためのファシリテーター養成研修」の3研修について修正がございます

 

既に修正したファイルとなっていますので、下記(5月20日付欄)のダウンロードファイルをご確認ください。

(研修テーマ、料金、修了時間、臨床心理士ポイントについて一部修正されています)


2017.5.20.

名古屋で開催されます、2017年度「性暴力被害者支援看護職(SANE)養成プログラム」の日程が決定いたしました。

 

日程、詳細、申込については右のファイルをダウンロードしていただき、ご参照ください。

SANEについてはこちらのページもご参照ください。

 

ダウンロード
2017DV性暴力被害にかかわる支援者のための研修講座.pdf
PDFファイル 190.3 KB


2017.5.20.

「ドメスティックバイオレンスと性暴力 SAFER101含む」を10月7日(土)に日本福祉大学で開催いたします。

NPO法人レジリエンスから講師をお招きし、DV、性暴力に関する貴重な講義をいただきます。

 

本研修は2017年度名古屋SANEの単位のひとつとなります。SANE研修中以外でもご興味のある方はぜひご参加ください。

 

右のファイルをダウンロードいただき、申込用紙の内容を記載のemailアドレスに送っていただくか、FAXでお送りください。

ダウンロード
ドメスティック・バイオレンスと性暴力SAFER101.pdf
PDFファイル 239.4 KB


2017.5.20.

「トラウマを抱えた子ども・思春期の青少年を支援するためのファシリテーター養成研修」を10月8日(日)に日本福祉大学で開催いたします。

子どもや思春期の青少年の支援を行っている方、関わっていらっしゃる方々は是非ご参加ください。

 

本研修は前日同様、2017年度名古屋SANEの単位のひとつとなります。SANE研修中以外でもご興味のある方はご参加ください。

 

右のファイルをダウンロードいただき、申込用紙の内容を記載のemailアドレスに送っていただくか、FAXでお送りください。

ダウンロード
トラウマを抱えた子ども・思春期の青少年へのアプローチ研修5.24 (1).pdf
PDFファイル 398.9 KB


2016.12.27.

2016年も残り数日となりました。本年も多くの皆様にご支援いただきありがとうございました。

 

研究所では現在、名古屋第二赤十字さまのいご協力をいただきSANE養成講座を開催中です。

 

来年の研修、講座につきましては決まり次第、HPにてご連絡いたします。

 

 

来年もどうぞよろしくお願いいたします。

皆様の2017年がよい年となりますようにご祈念しております。



2016.8.29.

 

第3回日本フォレンジック看護学会学術集会がいよいよ今週末開催されます!

 

日本福祉大学のご協力をいただき、愛知にて開催されます。

暴力被害者支援に携わっている方々や関心のあるみなさまが、愛知に集まっていただけることを心よりお待ちしております。

詳細は日本フォレンジック看護学会ホームページもしくは、右のチラシをご覧ください。

ダウンロード
第3回日本フォレンジック看護学会チラシ.pdf
PDFファイル 519.2 KB


2016.6.19

「性暴力被害者支援看護職 (SANE)養成プログラム」の一般募集を開始しております。

 

対象は『性暴力救援センター日赤なごや なごみ』で活動される皆あまとその他、本領域に関心をお持ちの皆さまです。

詳しくは右のファイルをダウンロードしてご確認ください。

ダウンロード
SANE名古屋2016一般.pdf
PDFファイル 117.9 KB


2016.5.29. 

 今年度も「人の心を理解するための基礎講座」を開催いたします。場所は日本福祉大学 東海キャンパスです。

 

第8クールは11月6日~は、勝手ながら開講を見合わせることになりました。次年度につきましては、改めて本ホームページでお知らせいたします。 



2016.4.16.

熊本県を中心に起きている震災につきまして、多大な被害が報告されています。亡くならましれた方々にご冥福をお祈りいたします。また被害にあわれた皆様に心よりお見舞い申し上げます。

 

支援に携わる皆様は震災時の支援に以下をご参考ください。

・国立精神・神経医療研究センター 災害時こころの情報支援センターHP

・兵庫県こころのケアセンターHP サイコロジカル・ファーストエイド 実施の手引き

 

 


2016.2.13.

ドゥーラトレーナーのデボラ・パスカリ・ボナロ氏をお招きし、出産ドゥーラワークショップを行うこととなりました。

日にち:2016年9月6(火)~8日(木)

場所:東京都内

 

お問い合わせ、申込みは右のファイルをダウンロードしてご確認ください。

ダウンロード
出産ドゥーラワークショップ2016.pdf
PDFファイル 142.8 KB


2016.2.1.

性暴力救援センター日赤なごや「なごみ」開設記念 国際シンポジウムが開催されます。講師に英国セントラル・ランカシャー大学よりニッキー・スタンレー氏をお招きしています。

日時:2016年3月6日(日) 13:00~

場所:名古屋第二赤十字病院

申し込み方法など詳細は右のファイルをダウンロードしてご確認ください。

ダウンロード
2016.3.06なごみ名古屋.pdf
PDFファイル 278.2 KB


2016.1.10.

 

1月5日に「性暴力救援センター 日赤なごや なごみ」が開設いたしました。名古屋第二赤十字病院の場所などはこちらからご覧ください。

 

右の画像をクリックするとチラシのサイトにいきます。サイトからダウンロードしてください。

 

本センターは暴力被害に対するワンストップの機能を果たすべく設立されました。3月6日に開設記念講演会も開催されます。

ワンストップ支援センターについては読売新聞でも取り上げていただいています。他文献やニュースなどとともにご参考ください。



研究所の主な活動


支援者育成

こころを理解するための基礎講座(全10回)

ご好評をいただき、第5クールが修了しました。第6クールは2016年1月からです。

 詳細はこちらをご覧ください。

 



つなぎの支援

悩みを抱えた方々へ、必要な支援につなげられるよう活動しています。

 関心のあるかたはこちらをご覧ください。



こころのケア

個人カウンセリングのほか、親子やグループを対象としてカウンセリングしています。

 関心のあるかたはこちらをご覧ください。



研究活動

研究所メンバーは各々の分野から研究活動を行っています。

ページは現在作成中です。